個人的大会考察記録集③ 「下関海響マラソン」編

https://kaikyomarathon.jp/

「下関海響マラソン」の画像検索結果

今回紹介するマラソン大会は山口県下関市にて行われる「下関海響マラソン」です。今年は2018年11月4日(日)に開催され、回数も11回目となります。エントリーが先着順になりますが、ここ数年はエントリー開始2時間ほどで定員になる人気の大会です。この大会のキャッチコピーとしてよく用いられるのが「記録は出ないが、記憶に残る大会」というものがあり、非常に特徴的なコースになっています。私も第1回目から10年連続参加している大好きな大会なので、その魅力などを説明していきたいと思います。

“個人的大会考察記録集③ 「下関海響マラソン」編” の続きを読む

タトゥーについてのあれこれ? 差別の問題なのか?

皆さんはタトゥーや入れ墨って入れてますか?

とりあえず、私は入れていません。まず痛そうだし入れる勇気もないし、日常生活でも不利益を被ることもあるので、入れようという考えにもなりません。とはいえ私の周辺にもタトゥーや入れ墨を入れている方もいますし、仲の良い方も勿論います。 “タトゥーについてのあれこれ? 差別の問題なのか?” の続きを読む

安室奈美恵とイモトに泣く日曜日の夜!

先々週の放送になりますが、皆さんは「世界の果てまでイッテQ」見ましたか?

私は普段は大河ドラマを見ているんですが、その回ばかりはリアルタイムで視聴しました。そりゃあの安室奈美恵が登場する予告を見てしまえば、そうしてしまいますよね。

まあ泣いた。とにかく笑って泣いた。イモトの安室奈美恵リスペクトの思いは以前から十分に伝わっていたし、安室奈美恵の引退が伝えられた時にはイモトが大丈夫なんだろうか?と思ってしまったからです。ほとんどの視聴者がそう思っていたのではないでしょうか?

個人的には安室奈美恵が好きだった時期はそれほど長くなく、小室ファミリー期(この辺が絶頂期なんでしょうか?)はそれほど好きではなかったのですが、小室哲哉プロデュースを外れR&Bやピップホップ色が強くなってきた頃が個人的には好きで、アルバムも買っていました。ライブには行ったことが無かったのですが、今回のファイナルツアーには運よく追加公演で当選し、そのライブでのパフォーマンスを目に焼き付けながら、感動していたものでした。もちろん今月末発売のライブBDも予約済みです。

今回の安室奈美恵のイッテQへの出演は展示会のPRの側面も大きかったのかな?との推測も出来ますが、それ以上の感動を得られたのも間違いありません。多くの人たちにファンが持つ大好きなアーティストへのリスペクトの心と、それに応えるアーティストの構図は素晴らしいものだったと思います。

大小はあるかと思いますが、自分が好きなアーティストやバンド(大きく言って著名人)への尊敬の念を持って接し合えるような関係性が広がっていけば良いなと思えた一時でした。 “安室奈美恵とイモトに泣く日曜日の夜!” の続きを読む

週刊少年ジャンプの看板作品「ワンピース」を説明する

現在日本で一番発行部数の多い漫画雑誌といえば、皆さんご存知「週刊少年ジャンプ」ですね。90年代に一時期は週刊少年マガジンに発行部数で抜かれましたが、その後は他を寄せ付けずに1位をキープしています。(ただ発行部数自体は減少の一途を辿っています。これは致し方ないところもあるのですが・・・。)

 

でそのジャンプで現在の看板漫画といえば、これまたご存知「ワンピース」ですね。現在89巻まで発行され、累計発行部数は4億冊を超えるほどの超ビックタイトルです。アニメもヒットし、(近年は)映画も大ヒット、ファンを公言される著名人もたくさんいらっしゃいます。

そんなワンピース、私ももちろん毎週購入している週刊少年ジャンプで楽しみに読んでいます。そんな私は40歳を過ぎており、社会の同年代では読んでない方も意外と多く見受けられます。でそんな方によく言われる事なんですが、

「ワンピースって簡単に言うと、どんな話なの?」

ということです。まあ私も色々考えた結果、ここ最近では

「ワンピースっていう宝物を探す話」

とだけ言ってます。なぜなら「詳細を話すのが面倒くさいから」です。

個人的にワンピースを人に勧めにくい点が2つ「登場人物と組織が多い」と「話が長すぎる」という点があります。その2つだけで敬遠する人も多く、取っつきにくいになってるとも言えます。

勿論ワンピースの話がそんな簡単なものではなく、仲間達やライバル、そして様々な組織との関係など話せば話すほどきりがないほどたくさんの伝えなければならないことがあるのは承知していますが、正直情報量が多すぎて、私には伝えきる事が出来ません。また

「単行本を読んでみて」

とも言えません。なぜなら巻数が多すぎるから。普段それほど漫画を読まない人に100巻近い単行本を購入させるのは、ほぼ罰ゲームに近いかと思いますし、苦行でしかありません。かくいう私も空島あたりで一度リタイアしており、エニエスロビーの終盤は理解するのにかなりの時間を要しました。

なので、ワンピースの内容などについて知りたいという人にはネットのまとめサイトなどを薦めています。邪道ですかね。

“週刊少年ジャンプの看板作品「ワンピース」を説明する” の続きを読む