ダイハツ・ヨネックス ジャパンオープン2018 バドミントン大会が開幕! みんなで観よう!

Pocket

9月11日より「DAIHATSU YONEX JAPAN OPEN 2018」が開催されます。ここ数年の日本代表選手の活躍により、例年以上に注目を浴びる大会となっています。私も毎年注目しTV中継を楽しみにしていますし、実際に会場に観戦に行ったことも2回あります。その辺を踏まえながら個人的に楽しみを伝えたいと思います。

まず日本国内のバドミントン大会でこれ程大きな大会はありません。大会グレードもSUPER750というかなり高い位置づけのものです。つまり世界ランクのトップクラスが参加する大会になります。かつては日本選手のランクが高くなかったこともあり、この機会を逃すと海外に行かないとトップランカーの試合が見れないということもありました。ここ数年は日本選手のランクがトップクラスにあるので、逆に最終日でも日本選手を応援することができます。

まあこれは全日本総合にも言える事なんですが、一度に沢山の試合を見ることが出来ます。しかもそのどれもがレベルが高い。初心者に毛が生えた程度の実力しかない私はため息というか感嘆の息をだしてばかりでした。バドミントンに興味を持っている人たちにとってはパラダイスのような空間で、朝から晩までがっつりと観ることが出来ます

会場に行けばいろんなイベントも行われます。私も2008年・2012年の時には朝一で会場に向かい、選手のサイン会に参加しました。このサイン会では当時まだこれからの若手として扱われていた奥原希望選手や高橋礼華選手、ビクター・アクセルセン選手などもいて、今でも貴重なお宝です。またトップ選手に挑戦として戦うコーナーもありましたし、コートのカゴにシャトルを打って入れるコーナーもありました。

試合のコートが近いのは勿論ですが、試合を終えた選手やコーチが近くを歩き回っていることもよく見受けられます。うまくタイミングが合えばサインをもらうことも出来ます。私も何人サインを頂いたことがあります。話せる機会もなかったので非常に貴重な経験が出来ました。

今回の出場選手はリオオリンピックメダリストのタカマツコンビや奥原希望選手、先日の世界選手権で優勝した桃田賢斗選手、ナガマツコンビ、また山口茜選手やソノカムコンビ、フクヒロコンビなど日本人選手は勿論、各国のトップ選手も沢山出場します。そして地上波のTV中継も放送されますし、CS放送でもたくさんの試合が放送されます。現地に行って観戦するも良し、TV中継で見ながら応援するも良しです。面白い試合がたくさん見れるよう楽しみましょう!

 

追伸:今回は例年と違う点がいくつかあります。まず会場の場所が違います。例年代々木体育館(第一・第二の違いはありますが)でしたが、今回は武蔵の森総合スポーツプラザになります。福岡県民の私にはさっぱりですので、行かれる方はご確認ください。また以前は会場内でカメラやビデオの撮影(申告許可制)が出来ましたが、今回はダメになったようです。ご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です